文系的な考え方も必要

プログラマーの多くは、不備の無い完璧なシステムを構築する事に意識が高まりやすくなります。適正としては望ましく思われがちですが、この高い意識がストレスを抱えてしまう可能性を高めてしまうのです。システムの動作は完璧であっても、市場が必ず高い評価を与えるとは限りません。完璧だと思われたシステムが受け入れられない事に不完全さを抱き、ストレスを抱えてしまう可能性を高めてしまうのです。特に、完璧を求める理系的な考え方の人がその様な傾向が強まってしまいます。世の中は常に変化をしています。もちろん、人の心も変化をします。人の心に影響を与えながら柔軟性のある、文系的な考え方も大切になるのです。

最も望ましいプログラマーの適正とは、理系的な考え方と文系的な考え方の両方持ち合わせているプロフェッショナルです。プログラマーの中には、インターフェースに対するデザイン力をも持ち合わせている人達も多くいます。デザインの魅力とは一つとは限らず、様々な答えとしての表現が可能です。デザイン力を持ち合わせている人達は、システム開発においても新しい発想力を持ち合わせている事もよくある話です。

適正を磨くためには、多くのシステム開発を行って行く事も大切ですが、文系的な視野を立てられる様に磨き上げる事も重要です。そのためには、趣味の一貫として文系的な要素の高い陶芸や絵画などに触れてみるのもお勧めです。細かな場所にまで意識を持ち合わせる姿は、システム開発において細かな配慮まで意識を届く事にも繋がります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.